マンションか?一戸建てか?立川市に住むことを考えている人へ。

住居の購入は、ほとんどの人にとって一生に一度の大きな買い物となるでしょう。
そこで、まずあなたを悩ませる大きな問題は、「マンションにするか?一戸建てにするか?」ではないでしょうか。
ここでは、立川市を居住地候補としている人に対して、立川市の魅力を紹介するとともに、「マンション?OR一戸建て?」問題について考えていきます。

■立川市の魅力
立川市は、東京都多摩地域にある市です。
都心まで約40分というアクセスの良さと、閑静な住宅街、生活に便利な環境の3つがそろった場所です。
立川市の人口は、年々増加し、現在は18万人以上といわれています。
これだけ多くの人が、住みたい場所として選んでいる立川市の3つの魅力について詳しくみていきましょう。
都心へのアクセスの良さですが、立川駅には3線が乗り入れています。
JR中央本線、南武線、青梅線です。
多摩地区最大の乗車人数といわれており、朝夕は通勤通学客でごった返します。
駅周辺には、買い物に便利なスーパーマーケットやデパートが多く建ち並びます。
お昼間の立川駅は、買い物客でにぎわっています。
生活に必要なものが揃う駅周辺は、住民の憩いの場にもなっています。
うって変わって、住宅街は緑が多く静かな場所です。
仕事で疲れた体を休めるには、静かな環境が不可欠ですね。
立川市には働く人にとって、最適な住環境が整っています。

■マンション?一戸建て?
立川市はマンションよりも一戸建ての新築物件が多いです。
一戸建ては種類が豊富な分、より自分の好みに合った条件の物件を選択できるかもしれません。
立川市の一戸建ての相場は、安くて2000万円後半で、3000万円~4000万円後半が中心です。
間取りは3LDKや4LDKがほとんどです。
なかにはロフトや地下室が付いている家もあります。
立川市の新築マンションの相場は、3000万円~4000万円後半です。
値段については、一戸建てとマンションで、さほど変わらないようですね。
「マンションか?一戸建てか?」を決めるにあたり、どちらのライフスタイルが好みに合っているかを考えるのが良いのではないでしょうか。
例えば、一戸建てはマンションに比べて騒音トラブルが少ないです。
小さい子供がいる家なら、ほかの住人に気兼ねなく生活できる一戸建てが向いているかもしれません。
他方、庭の手入れや外観の修理等、メンテナンスが大変なのが一戸建てのデメリットです。
そうしたことに煩わされたくない人は、マンションのほうが気楽に生活できて良いかもしれません。

個人のスタイルに合った物件は必ず見つかるはずです。
魅力あふれる立川市で、充実した生活をおくりましょう。

立川市の新築一戸建て