自然豊かな武蔵村山に住んでみては?

東京都といえば、都会で人が多いイメージがあり、住みにくい街とも言われております。しかし、それはあくまで都心部のことです。東京都といえども広し、郊外には自然が多く、住み心地がよい地域がたくさんあります。その一つが武蔵村山市です。仮にそこで新築の住宅や分譲マンションなどを購入した場合、どんな生活が送れるのでしょうか。

多摩地区北部に位置しており、埼玉県にも隣接した町です。都下で唯一鉄道がない市でもあり、移動の手段は車かバスとなっております。そういう意味では交通の便は悪いかもしれません。自家用車を持っていなければ、移動には多少の不便を感じるでしょう。
しかし、その分自然は豊かです。市内には空堀川が流れ、またみかん農園も有名です。収穫時期にはみかん狩りが楽しめるなど、変わった特色があります。他にもサイクリングロードがあったり、自然豊かな公園もあり、静かな場所で暮らしたいという人にはうってつけの町です。
また小中学校はもちろん、高校、大学もあるため、日中は郊外から学生が集まったりしてにぎやかになります。子供にとっても、通える学校の選択肢が多く、子育てをするにも適した環境と言えるでしょう。

では、そこでもし家を建てるとなると、どれぐらいの価格がするのでしょうか。武蔵村山市の新築一戸建ての相場は、約2,500万円となっております。東京都で平均5,000万円、隣接する埼玉県では約3,000万円、神奈川県でも3700万円ほどが相場となっていることを考えると非常に購入しやすい価格です。都心に通えない事はないですし、千葉県や埼玉県から通っている人よりは当然時間はかかりませんので、よい場所と言えます。

若干交通の便がよくないという難点はありますが、それでも魅力がたくさんある市です。自然が豊かで、子育てにも適している、そして都心にも通えるということを考えると、新築の一戸建てを建てるには非常に良い場所です。
東京都に住みたいけれども、家を建てる費用が高いこと、そして都会すぎるのもせわしなくて嫌だと思っている人には、武蔵村山市はおすすめの地域です。

武蔵村山市の新築は、おすすめ。