介護のあれこれ

MENU

介護の仕事

介護の仕事はとても大変ではありますが、
これからもっともっと高齢化社会が進むといわれていますから、
介護の仕事の必要性は高くなるのではないでしょうか。

 

介護の仕事はこれから先なくなることはないと予想されますから、
これから何か手に職をつけようと考えている人などは、
介護の仕事に就くための資格などを取得しておくと、就職に困らないといわれています。

 

しかし介護の仕事というのは本当に大変です。

 

他人だからこそ介護というのはできるということを聞いたことがあります。
自分の家で、家族の介護をするというのはとても大変なことで、壮絶という言葉が介護につく場合もあります。

 

壮絶な介護を送って、介護を受ける人と介護をする人の間でわだかまりがないようにするためにも、
介護を仕事としている人が間に入って支援やサポートが必要なのです。

 

介護の仕事には、介護施設での仕事のほかにも、居宅介護をしている人の家を訪問して介護支援をするという方法もあります。
介護が必要な人は多く、これからどんどん増えてくると予想されていますし、
一人で介護をするというのは大変ですから、介護支援を受けたいと思っている人もこれからどんどん増えていきます。介護の仕事のニーズは高まります。

介護保険

介護保険というのは、介護が必要な状態になった場合でも自分で生活ができるように、
お年寄りの介護を支えるためのシステムの一つです。

 

介護保険に加入することが義務付けられているのは、一般的には40歳から64歳までの人です。

 

介護保険の保険料は医療保険の保険料にプラスされて40歳から払っていくことになります。
介護保険サービスを何らかの形で受けたという場合には、1割負担で自己負担することになっています。

 

介護保険を利用する人というのは、初老期に、認知症になった人や脳結果疾患などにかかってしまった人など、
指定されている16種類の病気があるのですが、要介護状態になったり、支援が必要になった人というのが、
介護サービスを利用できる人です。

 

介護保険のサービスろ受けられる人は65歳以上ならだれでも受けることができますし、
先ほど紹介したように、40歳以上なら特定の病気になってしまい、
介護や支援が必要になった場合に介護保険が利用できることになっています。

 

介護保険のサービスでは介護が必要な人には給付金があります。
9割介護保険が負担してくれますから1割だけの負担で自己負担がすむというのは、
経済的にも助かるのではないでしょうか。
介護保険料は40歳から支払うことが義務付けられています。